ほんのり色づくリップクリームで血色が良い唇に!

目元のアイメイクには力を入れているのに、唇のリップメイクは疎か・・・。
手抜きになっている自分の姿に、鏡を見てガッカリすることがあります。

 

年齢を重ねると唇の血行が悪くなり、赤みのない唇が顔全体の印象を老けさせ、実年齢以上に見られてしまうことも。エイジングケアで顔のスキンケアをしっかり行ったとしても、唇のコンディションが悪ければ、アイメイクがバッチリでもイマイチな仕上がりになってしまいます。

 

でも、忙しい日々を送っていると、ついつい唇のケアは怠りがちです。

 

唇のケアと言えば、保湿力に優れたハチミツをパックにして、うるおいを与える等のセルフケアも人気がありますが、お金もかかるうえ面倒なのが本音です。

 

そこで、一番簡単で手軽にお手入れ出来る方法でもある「リップクリーム」を活用すべく、資生堂レシピストの人気商品を購入してみました!

 

資生堂レシピスト「ほんのり色づくリップクリーム」をネットで注文

 

年齢を重ねても魅力的な女性は、うるおいのある印象的な唇をしている事が多いので、いつでもどこでも唇ケアができるリップクリームは、お気に入りのものを使いたいものです。

 

ドラッグストアやコンビニでも手に入るリップクリームですが、どうせ買うなら唇をキレイに見せる事ができるリップクリームを使いたい!と思い、資生堂の人気コスメであるレシピストの「ほんのり色づくリップクリーム」を購入しました。

 

色づきリップクリームと言えば、学生が使うイメージもありますが、”うるおい+血色アップ”の効果が得られるので、アラサーやアラフォー以上の大人の女性も積極的に使うべきコスメではないかと思っています。

 

資生堂の公式サイトでもあるワタシプラスでは、リップクリーム1つでも送料無料で配達してくれるので、お店に足を運んで買うよりもお得で便利です。注文後、早ければ翌々日には商品が自宅に届きます。

 

ほんのり色づくリップクリームは、「ヌードピンク」と「ピュアレッド」の2色展開で販売されています。

 

サンプルサイト

 

私はピンク系のカラーより、レッド系の方が似合う事が多いので、赤みを帯びたピュアレッドを購入しました。

 

ヌードピンクは、唇に塗った時にレッドよりもナチュラルに色づくので、色が乘りやすく浮かないカラーを選びたい方は、ヌードピンクがオススメです。

 

保湿力抜群!ピュアレッドのリップクリームで唇ケア体験

 

サンプルサイト

 

レシピストのリップクリームは、手のひらサイズのスティック型で、ポーチやポケットに入れておいても邪魔になりません。くり出しタイプのリップクリームなので、きちんとキャップをすれば清潔に保てます。

 

ピュアレッドのリップクリームは、とても見た目の発色が良いので、真っ赤な口紅のように派手に色付いてしまうのでは?と思われがちですが、あくまでの保湿成分で唇のケアを目的としたリップクリームなので、ナチュラルな色づき具合となっています。

 

そのため、普段使いのリップクリームとして、学校や職場でも違和感なく使う事ができるカラーです。

 

サンプルサイト

 

使い心地は、ドラッグストア等で販売されている薬用専用のリップクリームと比べ、やや柔らかな塗り心地です。唇にフィットし、なめらかに滑るのでカサついた唇でも塗りやすい質感になっています。

 

また、アップルの香りが付いていますが、味付きリップのようなクセはなく、ほんのりと香りが付いている程度です。刺激になる強い香りではなく、グリーンアップルのような爽やかで甘い香りなので、リップクリームを付けてもニオイによる不快感はありません。

 

うるおい力が高いリップクリームなので、まるで唇パックをしたかのように保湿されます。
空気の乾燥が強くなる冬の時期は、唇が乾燥によってヒリヒリと痛み、刺激に敏感になりやすいのですが、レシピストのリップクリームで保湿をしておけば、唇のトラブルに悩まされません。

 

サンプルサイト

 

レシピストのリップクリームを塗った状態の唇です。
とてもみずみずしいリップクリームなので、重ね付けをするとグロスのように光沢が出ます。

 

ほんのりと赤みがあるため、すっぴんの唇よりも血色が良くなります。
ツヤが出るので何も付けない状態の唇より、くすみが改善され、顔全体が明るい印象に変わりました。

 

すっぴんの状態でもリップクリームを塗るだけで、イキイキとした表情に変わってくるので雰囲気が良くなります。

 

ふっくら唇に!レシピストのリップクリームの使い方

 

レシピストのリップクリームは、保湿力に優れたミツロウ入りです。
温度に弱いので、高温になりやすい場所や直射日光が当たる場所に置いておくと、溶け出してしまいます。

 

また、比較的柔らかなリップクリームなので、スティックからくり出す時に、中身を出し過ぎると折れてしまいます。5mm程くり出せば十分、唇がキレイに塗れるので、ほんの少し出すだけでOKです。出し過ぎに注意しましょう。

 

食事の後にレシピストのリップクリームを付ける時は、ティッシュで唇をひと拭きしてからリップクリームを塗るようにしてください。食後は、唇に油分が残っていることもあり、リップクリームの塗りにムラが出来やすくなります。ヨレにも繋がるので、お直しの時はティッシュオフをする事を忘れないようにしましょう。

 

口紅を塗る時は、レシピストのリップクリームを下地として使ってもOKです。
唇のうるおい度がアップするので、何も付けずに口紅を塗るよりも、レシピストのリップクリームで唇を保湿してから口紅を塗った方が、ムラなく発色良くキレイに仕上がります。

 

赤みがあるリップクリームは、口紅と組み合わせると不自然になるのでは?と心配な方もいると思いますが、口紅を邪魔するほどリップクリームの赤みが強いわけではないので、基本的には問題なく組み合わせられます。ただし、ヌーディーなカラー、ベージュ系のカラー、リップクリームの色が唇に乘りやすい方は、ピュアレッドではなくヌードピンクのリップクリームを使った方が馴染みが良く自然に仕上がります。

 

安さが魅力!レシピストほんのり色づくリップクリームの感想

 

レシピストのほんのり色づくリップクリームを実際に使ってみた感想は、ズバリ今後も使い続けたいリップクリームだと感じました!

 

色付きリップクリームの中には、割と濃いカラーが出てしまい、口紅のようになってしまう事もありますが、本当に顔の血色が良くなったかのような丁度良い色付き加減なので、デイリーで普段使いのリップクリームとして使えるところがお気に入りです。

 

しかも!1本346円(税込)という非常に安いリーズナブルな価格で販売されているので、一般的な薬用のリップクリームと同じくらいの価格で、気軽に購入できるところも魅力的です。

 

リップクリームは、小ぶりで携帯しやすいサイズですが、失くしやすいものでもあるため、高いリップクリームは購入に躊躇してしまいます。口紅よりも塗り直しの回数が多いので、コストパフォーマンスが良いリップクリームの方が、使い続ける分には重視すべきポイントです。

 

唇のうるおい不足でガサガサになってしまうと、口紅の色も乘りません。
ダマが出来やすくなり、ヨレの原因にも繋がり見た目にも悪いので、保湿力抜群のレシピストのリップクリームと出会えて大満足です。これまで使ってきたリップクリームの中で、ダントツで気に入りました。